危険だという事は分かるけど……熱中症って何?

熱中症と聞いて、暑い事が原因で起こる体調不良というところまではすぐに思い浮かべると思います。では具体的にどのような症状を熱中症と言うのでしょうか?
こちらのページではそんなちょっと分かりにくい熱中症について解説していこうと思います。

熱中症

熱中症という言葉

かつては熱中症という言葉よりも日射病・熱射病という言葉の方がメジャーでした。
それ以前より熱中症という言葉はあったのですが、日射病と熱射病は対処法が違うにも関わらず間違えやすい語感である為、混乱を避けるべく日射病も熱射病も熱中症の症状の一つとしてまとめられる事になりました。その際に熱中症という言葉の中には他にも熱失神・熱痙攣・熱疲労なども含められ、それぞれに適した処置を求められます。

ちなみに日射病は熱射病の中でも特に太陽によって引き起こされるものの事を言い、前述した通りに熱射病とは対処法が違います。

熱中症の定義

熱中症は外気が高温である事などによって引き起こされる高温障害の事で、程度によって掬戞Ν凝戞Ν慧戮畔けられます。

熱中症にかかった場合

先ずは木陰などの涼しい場所に直ちに避難させ、水分を補給させる事です。塩分を含んだ液体が特に有効とされていますが、スポーツドリンクやただの水でも通常ならば問題ありません。ただし熱中症の症状が重い場合に飲ませると、血中のナトリウム不足から水中毒という症状を起こすこともありえます。

程度に関わらず速やかに病院にかかる事が必要とされる為、救急車を呼ぶ手段がありましたら迷わずに呼びましょう。

熱中症

http://necchu-show.jp/

熱中症についてかなりの情報が詰め込まれたサイトです。各ページの情報量も程よくまとめられており、熱中症について知りたかったことがすぐ分かります。
このサイトを全て読みつくしたなら、もう熱中症なんて怖くない?

”熱中症”に関する記事の紹介

熱中症にかかるその前に
http://necchu-show.jp/b04yobo.html

熱中症は予防出来ます。かかってからあれこれするよりも、かからないように努力するのが最も安全で効果的なのです。こちらに書かれている熱中症にかからない5個の条件をしっかり読み、熱中症を完全ブロックしてしまいましょう。

もしお子さんが熱中症にかかったら
http://necchu-show.jp/b01shoni.html

自分自身の事は気をつけることが出来ても、予期せぬ行動を取る子供の行動を完璧にコントロールする事は出来ません。こちらのページでは小さいお子さんが熱中症にかかった時の対処法が詳しく書かれています。パパママ必読のページです。

正しい水分の摂取方法
http://necchu-show.jp/d05suibun.html

熱中症は対処にも予防にも水分の補給が欠かせません。ですがただ水分を取れば良いというものでもありません。こちらで効果的な水分補給の方法を学び、熱中症なんて跳ね除けてしまいましょう。

上へ戻る