【その他の症状】

病気で現れる症状には、主な症状とそれ以外の症状に大きく分けることが出来ます。
頭痛もその例外ではなく、吐き気やめまいなどの主な症状以外にも様々な症状が発生するのです。
どのような症状が、頭痛に伴って現れるのでしょうか?
頭痛のその他の症状について紹介していきます。

頭痛に伴うその他の症状

頭痛では、めまい・嘔吐・吐き気・肩こりなどが主な症状として表れやすいものです。しかし、二次性頭痛の原因のように命に関わる症状が伴う場合や、頭痛を引き起こすストレスを高める場合もあるのです。頭痛にはどのような症状があるのでしょうか。

目の充血

偏頭痛や群発頭痛では、目の充血が起こりやすくなります。
これは、頭痛の原因となっている血管の拡張によって眼球の血管が引っ張られて、増加した血流量の影響を受けるため起こる症状です。目の充血は、頭痛だけでなく脳腫瘍などの脳血管障害が原因で起こることもあるため注意する必要があります。

発熱・発疹

二次性頭痛では熱が出たり発疹が出たりする症状が現れる場合があります。これは、二次性頭痛の原因が髄膜炎である場合に見られる症状です。髄膜炎は、二次性頭痛の原因になる病気の中でも特に重篤な病気であるため、注意を要します。

痛みの増強

二次性頭痛の原因が髄膜炎やくも膜下出血である場合、頭痛の痛みが増す症状が現れます。髄膜炎の場合では頭を振ることで痛みが増し、くも膜下出血の場合では光っているものなどの明度の高いものを見ることで痛みが強まります。

てんかんなど

二次性頭痛の原因が脳出血であった場合、てんかんの症状や複視の症状などが現れることが在ります。これは、脳内部での出血によって脳組織が圧迫されることが大きな原因になって現れている症状なのです。

身体の麻痺

二次性頭痛の原因によっては、下半身や手の麻痺といった症状を起こす恐れがあります。これは頭痛の原因が脳出血やくも膜下出血、脳腫瘍などの脳血管障害である場合に起こりやすい症状の一つでもあります。麻痺の症状は、原因となっている病気を根治しても後遺症として残ってしまう場合が多いため予断を許さない症状といえます。

ストレスの増加

これは全ての頭痛に言えることですが、痛みで生活のリズムが狂ったり安静にしなければならなくなったりすることでストレスが増すことがあります。ストレスは頭痛の原因にもなるため、頭痛でストレスが増加することで悪循環を引き起こし頭痛の慢性化に繋がっていきます。

頭痛の症状への対処法

頭痛の症状は、頭痛が原因である場合と頭痛の原因に伴う場合によって千差万別に変化しているものであるといえます。そのため一つ一つの症状にとらわれること無く、総合的に判断することが医師のみならず、患者にも求められています。
特に二次性頭痛の場合は、命に関わる病気や命に関わらないまでも重篤な後遺症を残す病気など、大変な負担になる病気が原因となる場合があるため、素人判断をして市販薬でやり過ごさず専門医の診察を受けるべきなのです。

上へ戻る