【頭痛の原因】

頭痛は単一の病気であると同時に、他の病気の症状として現れる性質をもっています。
そのため、頭痛に悩まされる人は後を絶たないのです。
では、どのような病気が頭痛の原因になり、病気以外の原因にはどのようなものがあるのでしょうか?
頭痛の原因について紹介していきます。

頭痛の原因とは?

頭痛の原因は私たちが思っているよりも数多く存在しています。そのため、気づかないうちに頭痛持ちになっていることも少なくないのです。どのような原因によって頭痛は発症しているのでしょうか。

単独での頭痛の原因

頭痛には、他の病気を原因にして起こる場合と頭痛だけが単独で起こる場合の二つがあります。頭痛が単独で起こる場合などは、肩こりなどで引き起こされた血行不良や、脳血管の近くにある三叉神経から分泌された神経伝達物質の影響などが原因と考えられています。

脳周辺の病気

頭痛を引き起こしやすい病気としては、患部である頭の内部にある脳周辺で起こっている病気が挙げられます。くも膜下出血や脳腫瘍など、脳組織や脳の血管を圧迫する病気が頭痛を症状として引き起こすことが多いのです。
それに、脳周辺の病気は頭痛だけでなく症状が進行すれば命に関わるケースに発展することが多いため、早急に治療を始めなければならないという特徴を持っています。

頭部のケガ

頭を打つなどのケガは、頭痛の原因になることがあります。頭部のケガは脳を保護する硬膜の内外に血の塊が出来る脳血腫や、頭蓋内の髄液が漏れ出る低髄液圧症候群などの頭痛を症状としている病気の原因になるからです。
頭部のケガを原因として発症する病気は、患部が視認しづらいため周囲から仮病と取られることが多いのも悩みの種といえます。 また、頭部のケガは肩こりやめまい、歩行困難などの頭痛以外の症状を伴うのが特徴といえます。

ウィルスなどの感染症

インフルエンザ菌や脳炎などの細菌やウィルスを原因とする感染症も、頭痛の原因になります。これらの感染症は、目に見える大きな症状に付随する形で頭痛が起こるため、頭痛単独の症状よりも重い病気になっています。
感染症の場合、感染した細菌やウィルスに合わせた抗菌財などの投与が必要なため、素人判断で対処すると症状が進行しやすいという特徴を持っています。

精神面での病気

頭痛は、うつ病や躁病などの双極性障害や不眠症などの精神面での病気を原因として発症することがあります。精神面の病気に関わるストレスの過多も、頭痛の原因になることがあります。
精神面に頭痛の原因がある場合、治療に根気が要るほど長引くことも少なくないため改善には相当の時間と周囲の理解が不可欠といえます。

食べ物から来る影響

カキ氷やアイスクリームなどの冷たい食べ物を食べたり、チラミンやグルタミン酸を多く含む食べ物を食べ過ぎたりすると頭痛を起こす場合があります。食べ物で起きる頭痛は一過性のもので、長続きしないので誰にでも起こりうるものであるといえます。

上へ戻る